ゆーあーまいさんしゃいん

ずっと 君を歌うよ おかしいくらい 忘れたくない ひとつひとつを

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

いざグディソン・パークへ

フィオレンティーナがエバートンに勝利=UEFA杯

 フィオレンティーナはUEFAカップのラウンド16第1戦で、イングランドのエバートンに2-0の勝利を収めた。プランデッリ率いるチームの戦いぶりは内容的にも勝利に値するものだった。DF陣は落ち着いて対応し、攻撃に転じれば相手を危険に陥れていた。クズマノビッチとモントリーボのゴールでフィオレンティーナが準々決勝進出に大きく前進した。

 グラウンドは重く、強い横風も選手たちを悩ませていたが、ホームのフィオレンティーナは開始直後から積極的に攻撃。まずはオスバルドがゴールを狙ったが米国人GKハワードがしっかりと防いだ。前半8分と13分にもオスバルドのシュートをハワードがセーブ。エバートンは何度かクロスを上げていたが、ダイネッリとパスクワルの壁を越えられるとは思えなかった。グラウンドコンディションの影響で攻撃の組み立てがままならず、選手たちはいら立ちを募らせていく。ヤクブ、ピーナール、ウイファルシがイエローカードの犠牲となった。43分にはフィオレンティーナに先制のチャンス。ヨルゲンセンの絶妙なパスを受けて抜け出したビエリがハワードの股間を抜こうとしたが、ボールはハワードの太ももに当たった後ポストをたたいた。

 後半になっても試合の流れは変わらない。キックオフのわずか3分後にはモントリーボが遠い位置からのシュートで相手の意表を突こうとしたが、ハワードがはじいてコーナーキックに逃れた。58分には目まぐるしい展開。まずはエバートンの2度の攻撃をフレイが飛び出して防ぎ、逆にビエリの至近距離からのシュートとクズマノビッチのミドルシュートにハワードが立ちはだかった。フィオレンティーナはさらに攻め続け、クズマノビッチ、モントリーボ、さらにはウイファルシまでが何度も右サイドからの侵入を試みていたが、いずれもエバートンの守備陣に阻まれるばかりだった。

 しかし70分にはフィオレンティーナが先制。ウイファルシからボールを受けたクズマノビッチが右足でハワードの届かないコースへとボールを蹴り込んだ。エバートンは反撃を繰り出すことができず、81分にはモントリーボが2点目のゴール。これもハワードにはどうしようもないシュートだった。終了間際にはサンターナに3点目のチャンスもあったが、強烈なシュートがわずかにゴールの横へ。第2戦は3月12日にリバプールのグディソン・パークで開催される。

(C)SPORT

[ スポーツナビ 2008年3月7日 11:25 ]

やはりモントリーヴォとクズマノヴィッチの調子がいいとチームが輝きますね。ムトゥ不在の中、得点こそありませんでしたがオズヴァルドやヴィエリも好パフォーマンスを見せてくれました。ただし前半が終わってまだ2-0とリードしただけです。逆転されないように後半戦も引き締めて戦って欲しいものです。
スポンサーサイト

テーマ:ACフィオレンティーナ - ジャンル:スポーツ

FIORENTINA | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<短信 | HOME | 2008年柏レイソル選手名鑑>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。