ゆーあーまいさんしゃいん

ずっと 君を歌うよ おかしいくらい 忘れたくない ひとつひとつを

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

U-20ベナン戦

相手の高い身体能力に苦しめられた印象がありました。また全体をコンパクトにできずボランチの小林、梶山(兵藤)に負担がかかっていたのではないでしょうか。
次のオーストラリア戦ではとにかく勝利しかない状況に追い込まれてしまいましたが、選手たちが奮起してくれることを期待してます。

大熊監督のコメント
http://www.jsgoal.jp/club/2005-06/00020447.html

採点
西川6.0 失点シーン以外は2本のビッグセーブなど大きく貢献。
水本5.5 失点の場面では安易に当たりにいってかわされてしまった。それ以外は安定していた。
増嶋5.5 カバーリングなどにミスはなし。
柳楽5.5 ミスもあるが果敢な守備を見せる。
小林5.0 このポジションではやってはいけないミスを多数やってしまった。
梶山5.5 大熊監督の期待を受けスタメン出場を果たしたが答えられず。
中村5.5 サイドで攻守で奮闘するもクロスの精度が低い
家長6.5 切れ味鋭いドリブルで左サイドを制圧。交代は故障?
兵藤5.0 失点の起点になり、セットプレーも明後日の方向へ…
平山5.5 徐々に相手の身体能力に屈するようになる。
カレン5.5 無得点記録更新乙wwwwwwwwwwwwww

水野6.5 試合の流れを変え、見事なFKを決める。
森本s.v ポストプレーのミスからピンチを招いた印象しかなし。
苔口s.v 採点不可。

大熊5.0 ベナンは決して勝てない相手ではなかった。3年監督をやって平山への放り込みしか戦術の構築できないの?UAEの時は永田や菊池、角田といったフィードにも優れたDFがいたから放り込みも有効だったかもしれないが…。
スポンサーサイト

日本代表 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<無駄なキャンプやるより | HOME | チーム紹介その3【フィオレンティーナ】 >>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。