ゆーあーまいさんしゃいん

ずっと 君を歌うよ おかしいくらい 忘れたくない ひとつひとつを

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

紫の復権、なるか

フィオレンティーナは14日、キエーヴォとの最終節に勝利しシーズンを終えました。

エースのトーニは32ゴールを挙げて得点王に輝き、チームはチャンピオンズリーグ予備予選の権利を得る4位でフィニッシュ。「紫の復権」の第一歩となるシーズンとして素晴らしい戦績を残しました。

しかし、オーナーのディエゴ・デッラヴァッレがユベントスのモッジGMの審判操作に加担したとの疑惑があり、ローマ検察の捜査を受けています。真実であるならデッラヴァッレの行為は愚行というほかありませんが、選手たちがピッチで見せたプレイは偽りではないはずです。一縷の望みでも、ヴィオラが来シーズンもAの舞台で戦えることを信じています。
スポンサーサイト

テーマ:ACフィオレンティーナ - ジャンル:スポーツ

FIORENTINA | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<水もしたたるいい男たち | HOME | 振り向けば いつも 君がいたから>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。