ゆーあーまいさんしゃいん

ずっと 君を歌うよ おかしいくらい 忘れたくない ひとつひとつを

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Sun Kingの息吹

今年最初の公式戦、ちばぎんカップは0-2の敗戦でした。

始めてその目で見た石崎サッカー。その質の高さを再確認すると同時に、一抹の不安を抱えてもいます。

「これはJ2を勝ち抜けるサッカーなのか?」と。

相手のボールホルダーに対して数人で挟み込んでボールを奪う。奪ったらサイドを使い攻撃を仕掛ける。
就任してから2ヶ月で、その意識をスタメンに徹底させていたのは、去年のアイデンティティを失いながらプレーしていた選手たちを見ていたものとしては驚きです。北嶋が動きながらポストで基準点となれば、鈴木達也は裏を狙ってすばやい動き出しを見せる。ディエゴのドリブルとパスはJ2どころか、J1でも大きな武器になるであろうと感じさせました。

ここまで褒めちぎっていて、不安を感じると言うのも変な話です。それは、ただ単にセンターバックとしてプレーしていた中澤聡太の不安定なプレイに起因しているのかもしれませんし、サイドを駆け上がってフリーでクロスを上げても味方に届かないことから来ているのかもしれません。

いずれにせよ、レイソルが見せたサッカーがJ2を勝ち抜けるサッカーかといえば、現時点では「否」と答えざるをえないでしょう。

例えば、水戸ホーリーホック。彼らの全員守備の前では精度を欠いたクロスなどカウンターを招くだけでしょうし、スピードに欠けたセンターバックも鋭利な刃物の前では無意味です。
J2の審判レベルを知らない選手たちにとっては、そのジャッジが苛立ちをもたらす原因になるかもしれません。

ただ、夏場の暑さという不安材料に関しては、シーズン前の鹿児島キャンプで十分対策が取られているでしょうし、何より「太陽王」が暑さに負けていては話になりません。

とにかく、負けても期待が持てるゲームというのはここ何年も見ていませんでした。どちらも簡単に向上するものではありませんが、開幕前の2試合で、石崎監督が守備における集中力の欠如、攻撃におけるラストプレーの精度の低さ。この2つをどう修正するのかポジティブな視点で見つめたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<怪童復活 | HOME | ちばぎんプレビュー>>

この記事のコメント

確かにみかんさんのおっしゃる部分は不安点に違いないですね。ただ私は「全勝」する、できるわけではないので攻撃面はそんなに不安視してませんよ。これからは昨日異常によくなるし状態的には昨日は最悪の体調のはずです。
守備面は自分とこにも書きましたがCBの資質が重要なので聡太よっぽどがんばるかネビに託すしかないですね…ここが最大の補強ポイントだったわけだけど。ともかく希望的観測で応援していきましょう!
2006-02-20 Mon 17:47 | URL | katsu@事務所 #-[ 編集]
異常→以上。。。
PCってこわいよう。
2006-02-20 Mon 17:49 | URL | katsu #-[ 編集]
>katsuさん
ですね、地獄のキャンプで故障者も出ませんでしたし、攻撃は水物ですから、結果が出るまで焦らず待ちましょう。
守備は…聡太に奮起してもらうかネビにまとめてもらうか…。
2006-02-21 Tue 23:40 | URL | みかん #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。