ゆーあーまいさんしゃいん

ずっと 君を歌うよ おかしいくらい 忘れたくない ひとつひとつを

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2006年柏レイソル選手名鑑

※注意! 
この選手名鑑は管理人の独断・偏見・憶測が元になった紹介になっています。くれぐれも騙されることのない様、ご注意を…。

GK

 1 南 雄太(みなみ ゆうた)
97、99年ワールドユースをと2つの世界大会をレギュラーとして経験したレイソル不動の守護神。ポジショニングミスという悪癖はあるものの、驚異的なレスポンスで数々のピンチを防ぐ。昨シーズンは好セーブを連発し、多くの歓声を浴びた。

16 ノグチピント・エリキソン
ブラジル生まれのナイスガイ。身体能力の高さは折り紙つき。コーチング能力を高めて出場機会を増やしたい。

21 桐畑 和繁(きりはた かずしげ)
レイソルユースから昇格のゴールキーパー。長身を活かしたハイボール処理とゴールキーピングに定評があり、年代別の代表に選出された経験を持つ。

31 加藤 慎也(かとう しんや)
鹿島ユース出身で、鹿島では背番号1を背負っていた。去年は広島戦でリーグ戦デビューを飾り、無失点に抑えたものの、天皇杯ガンバ戦では屈辱の5失点。長いシーズン、雪辱の機会は必ずある。ソフトバンクの
加藤暁彦は弟。

DF

 2 小林 亮(こばやし りょう)
大学サッカーの頂点に立つ駒澤大学で数々の栄冠を受賞した、左右両サイドこなせるユーリティープレーヤー。髪型もその只者ではない感を演出している。昨年は右サイドに定着するも不満な部分が目立った。持ち前の運動量に加え、1対1の守備やクロスの精度に磨きをかけたい。東京V→大宮の小林慶行は実兄。

 3 近藤 直也(こんどう なおや)
1対1の強さでは若手の中でも随一の選手。かってはあのC・ロナウドも完封した実績を持つ。靭帯断裂の重傷を乗り越え、またプレイヤーとして大きく成長してくれるだろう。今年からは尊敬する薩川了洋の背番号3を背負う。

 4 根引 謙介(ねびき けんすけ)
柏ユース出身でインディペンディエンテへの留学経験もある大型ディフェンダー。レイソル在籍時はポカが目立ったが仙台では副キャプテンを務めるほど信頼を得ていた。ヘディングが強く、セットプレーからの得点力も高い。

 5 中澤 聡太(なかざわ そうた)
吉澤ひとみと付き合っていたということだけで有名になっている気がするが188cmの長身を活かしたど迫力のヘディングなどポテンシャルはボンバーヘッドの中澤にも劣らない。市立船橋では羽田憲司(現鹿島)とともに無失点優勝に貢献。2001年アルゼンチンワールドユースでもレギュラーを張った。ただメンタル面に課題があり、ミスから失点を招くことが多い。サポーターからは渡辺毅のコールを引き継がれるくらい期待されているが…。

 6 中谷 勇介(なかたに ゆうすけ)
名古屋から期限付き移籍で加入。奈良育英高と名古屋で楢崎の後輩だった攻撃的な左サイドバック。95年のU-17世界選手権やシドニー五輪予選でメンバー入りするなど潜在能力は高い。

13 小林 祐三(こばやし ゆうぞう)
本職はセンターバックだが、サイド、ボランチもこなし、どのポジションでもそれなりの働きが出来る選手。高校入学までFWだっただけに攻撃センスにも光るものがあるが今年はセンターバックに固定か。ガンダム(初代~Zまで)を愛するためか時折コメントにもトミノ節が混じる。
「出る時は左に流れてという指示を受けたくらい。相手は180分間プレスをかけてタテに蹴り出すというサッカーを貫いてきた。こっちは最後まで後ろが安定しなかった。それは最終ラインだけのせいじゃない。全員の意思統一がなっていなかった。歯車がかみ合わなかったことが大きい。ヴェルディ戦で勢いを取り戻した? でもあの時とはやり方が変わっていた。今年は1年間やったのに、最後まで明確な道筋をつけることができなかった。4枚に変わったこともそうだけど、これで勝ったりすれば周囲の評価も変わる。全ては結果論です。ただ、甲府は1年間同じことをやってきて自信があった。実力で負けたという現実から顔を背けるわけにはいかない。誰かのせいだとか言っていたらキリがない。J2という舞台から逃げていたら強くはなれない。1度J2を経験して強くなることもある。ACミランだってセリエBに落ちたことがあるんだから。ただ今日は6-2で負けたことがみっともない。サポーターに対して申し訳なく思う」
なお公式HPの写真で部屋の中にガンダム(百式)のプラモデルを飾っていることから判明したガンダム好きだが、最近ではファンからプラモデルが大量に送られてくるため少々辟易しているらしい。

23 藏川 洋平(くらかわ ようへい)
マリノスを経てJFLの群馬FCホリコシから加入した熱い男。FCホリコシではFWのほか、ボランチや右サイドバックもこなした。レイソルではFWではなくDF登録のため、右サイドでの起用となるはず。プレースキックの精度も高い。

26 石川 直樹(いしかわ なおき)
的確な状況判断と正確な左足のフィードを兼ね備えたレイソルユース育ちのセンターバック。余談だが、「直樹」という選手は過去にレイソルユース出身者第1号の酒井直樹(現レイソルユースコーチ)がいるため下の名前で呼ばれることはめったにない。

32 岡山 一成(おかやま かずなり)
川崎から期限付き移籍。熱いトラメガパフォーマンスと明るい性格でセレッソ、フロンターレ、アビスパで愛されてきたが、レイソルでもパフォーマンス以上に高さと強さを活かした守備で貢献するだろう。元FWなので攻撃センスも持つが、それゆえの上がりすぎに注意。
公式ホームページ オカヤマガ行ク!http://www.okayamakazunari.net/

34 大河原 亮(おおがわら りょう)
前橋商業では2年生で高校選手権ベスト8に貢献。3年生での岡山国体では群馬選抜準優勝の原動力となった。1対1と空中戦に優れる若きストッパー。実直な性格でサポーターからも愛されそう。

MF

 7 大谷 秀和(おおたに ひでかず)
レイソルのホームタウン、流山市出身の生粋の生え抜き。レイソルユース時代にはトップ下として近藤、宇野沢らと共にプレーした。現在はボランチとしてゲームをコントロールする。2003年ジェフとのちばぎんカップでプレーを見た日本代表のエドゥテクニカルディレクターが「中田ヒデを髣髴とさせる」と絶賛した。
公式ホームページ Hidekazu Otani Official Website
http://members3.jcom.home.ne.jp/es.otani.club/

 8 リカルジーニョ
2002年、ブラジルの名門クルゼイロからやってきてレイソルを残留に導いたブラジル人MF。攻守ともに決定的な仕事の出来る選手で、攻撃ではセットプレーでアシストor直接ゴールを狙い、守備では小柄なものの体を上手く入れてボールを奪う。近年は怪我に悩まされたものの、鹿島で復調した様子。温和な性格でサポーターから愛されている。フランサとは2002年ワールドカップ予選でチームメイトだったかも。

11 ディエゴ
昨シーズン「ディエゴ・ソウザ」の登録名で神戸入りし、活躍が期待されたものの、レオン監督の解任、東欧路線への変更に伴いプレシーズンマッチに出ただけで契約解除となった。ドリブル突破とパスセンスに優れ、トップ下と両サイドのMFをこなせる。2部落ちした名門パルメイラスを1部に復帰させた実力に期待。ちなみに若手主体のブラジル代表で5試合に出場している。

14 落合 正幸(おちあい まさゆき)
九州・熊本の強豪大津高からレイソルに入団。昨シーズンは鳥栖へ期限付き移籍していた。展開力のある大型ボランチで、しばしディフェンダーとしても出場。しかし線の細さが気になるところ。潜在能力は高いだけに殻を破れるか。

15 瀬戸 春樹(せと はるき)
千葉より期限付き移籍。横浜フリューゲルス、新潟、大分、札幌、G大阪、千葉を渡り歩いた仕事人。個人的に大分でのプレーは守備的なボランチのものだったと思う。右サイドでの起用も可能。

17 永井 俊太(ながい しゅんた)
広い視野と展開力に優れ、ロングパスで局面を打開できる存在。セットプレーの精度も高い。水戸へのレンタル移籍で課題とされた逞しさも増した。市立船橋高で選手権優勝したエリートの実力を今こそ発揮してほしい。父は元日本代表の永井良和氏。

18 山根 巌(やまね いわお)
川崎フロンターレから完全移籍。大分トリニータでJ1昇格を決定付けるゴールを決めながら、J2の川崎の監督に就任したノブリンを追って川崎に移籍したノブリンの愛弟子。豊富な運動量とボール奪取が持ち味のボランチで、ミドルシュートも強烈。先天性の内臓疾患を乗り越えた強靭なメンタルの持ち主でもある。

22 鈴木 達也(すずき たつや)
筑波大学所属時は平山相太(現ヘラクレス・アルメロ)と2トップを組んでいた快足のアタッカー。マリノスユース→筑波大というコースだが、お父さんが日立の社員ということもあり、子供の頃からレイソルの試合を見ていたらしい。礼儀正しい好青年。ちなみに高校は小泉現総理を始めとして多くの政治家を輩出した進学校、県立横須賀高。某巨大掲示板のレイソルスレッドに「たっちゃん萌え~><」という熱烈なファンが出現する。

24 平山 智規(ひらやま とものり)
静岡北高から入団して以来、レイソル一筋の左サイド。近年は故障に悩まされたが、その突破力、弧を描くクロス、ふくらはぎは健在。端正な顔立ちとは裏腹に無口で男臭い性格で男性サポーターからの人気も高い。主力が次々と移籍していくなか「オレ、レイソルに残るよ」と残留を決め、サポーターを涙させた。

27 柳澤 隼(やなぎさわ じゅん)
U-19代表として世界の舞台を目指す、レイソルユース期待の星がついにトップ昇格。敵陣を切り裂くサイドチェンジにドリブル。ゴールネットに突き刺さるフリーキックと攻撃的MFに必要な全てを兼ね備えた選手。ユース代表では右の尾ふぇん支部ハーフだが攻守のバランス能力も高く、ボランチでの起用もしばしば。すでに多くの女性ファンを抱えている。

28 谷澤 達也(やざわ たつや)
静学の名将、井田監督に育てられたファンタジスタ。ピッチ内外で予測の付かない言動をする。高校時代進路を注目されていたが、「J2に落ちてもレイソルに行く」と宣言しサポーターは一気に彼の虜に。ドリブル・パスセンスともに最上級のものを持っているだけに、奮起に期待。

30 石舘 靖樹(いしだて やすき)
浜松大学を中退してまでレイソルでのプレーに賭けた熱いレフティー。平山、入江(現G大阪)と同じく静岡北高出身で、J5クラブの争奪戦の上に加入。テクニックとスピード、さらには空中戦の強さも兼ね備えた万能アタッカー。レイソルではMF登録なので左サイドでの起用も考えられる。

33 鈴木 将太(すずき しょうた)
大宮より期限付き移籍。鈴木達也同様神奈川県出身で、スピードのある右利きのサイドプレーヤー。


FW

 9 山下 芳輝(やました よしてる)
東福岡高時代には高校選手権で注目を浴び、アビスパ福岡ではJ1参入決定戦で奇跡の同点ゴールを決め、97年ワールドユースを始めとして各年代の代表に選ばれるなどエリートコースを歩んできた選手。しかしアビスパ福岡、ベガルタ仙台、そしてレイソルと所属チームが全て降格してしまったことから「降格請負人」というありがたくない異名を持つ。ポストプレーをこなし、裏への抜け出しも巧い万能型のストライカー。和製ラウール(by水沼貴史)。レイソルでは在籍2年間(途中大宮へレンタル移籍)で1得点と本来の実力を発揮できずにいるが、山下が代表クラスのポテンシャルを発揮すればJ1昇格への大きな力になるだろう。

10 フランサ
昨シーズンドイツブンデスリーガの強豪、レバークーゼンから加入しサッカーファンを驚かせた。残念ながらリーグ戦では3試合出場に留まり、連携も取れずサポーターを落胆させるだけだったが、入れ替え戦では気迫あるプレーで唯一の慰めとなった。降格の責任を強く感じ、リベンジを果たすためにレイソルと再び契約。レバークーゼンでも1年目不振で、2年目ではブンデスアシスト王に輝く活躍を見せただけに今季に期待。覚えた日本語は「マンゴアイスクダサイ」

19 宇野沢 祐次(うのざわ ゆうじ)
執拗なまでに泥臭くゴールに迫る姿はあの中山雅史を髣髴とさせる。入れ替え戦の「惨劇」で、唯一未来への希望を抱かせた選手。03年ワールドユースでメンバーに選ばれながら一度もピッチに立つことなくUAEを後にした悔しさを晴らすためにも、まずはレイソルでレギュラー奪取&ゴール量産したい。

25 北嶋 秀朗(きたじま ひであき)
市立船橋高時代には当時の高校選手権の得点記録を塗り替え、鳴り物入りでレイソルに入団。レイソルが年間勝ち点1位になった2000年には日本人2位の18得点を記録するなどかっての強いレイソルを象徴する選手。不振に陥り期限付き移籍した清水に完全移籍、清水サポーターからも愛されていたが古巣レイソルをJ1に上げる為再び黄色いユニフォームを纏う事になった。力強いポストプレーと泥臭いゴール前への飛び込み。彼が日立台でまた「レイソルの選手として」ゴールを挙げる日が今から待ち遠しい。
公式ホームページ KITAJIMAX website
http://www.kitajima-hideaki.com/

20 李 忠成(り ちゅんそん)
育成に定評があるFC東京下部組織の出身でU-18韓国代表にも選出された若きストライカー。パンチ力のある左足と物怖じしないメンタルの強さが武器。同胞の英雄、ホン・ミョンボの背番号に恥じない活躍を。

29 長谷川 悠(はせがわ ゆう)
今年の高校選手権では初戦敗退に終わったものの、市立船橋を破り選手権初出場を決めた流通経済大柏高のエース。サッカーを始めたきっかけは当時韮崎高のエースとして活躍していた深井正樹(現鹿島)に憧れたこと。187cmの長身ながら足元も巧みで、「和製マカーイ」と称される。U-18日本代表にも選出されており、かって流経柏高の恩師、本田監督が育てた玉田のように将来は日の丸を背負う選手になってほしい。
スポンサーサイト

テーマ:柏レイソル - ジャンル:スポーツ

柏レイソル | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<ニューフェイス! | HOME | Reysol,ready steady go!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

柏レイソル柏レイソル(かしわレイソル)は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカーチーム。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL …
2007-08-07 Tue 14:46 サッカーFC事典
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。