ゆーあーまいさんしゃいん

ずっと 君を歌うよ おかしいくらい 忘れたくない ひとつひとつを

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

WCCFってなに?

このブログのタイトルにある「WCCF」ですがWCCFってなに?という人のために簡単に説明しましょう。
「WCCF」とは、セガ・ヒットメーカーの共同開発によるアーケードゲーム「ワールドクラブチャンピオンフットボール(World Club Chanpion Football)」の略称です。
WCCFをプレイするためにはまず1.000円のスターターパックを購入することが必要です。スターターパックにはICカード(1枚)選手カード(11枚)カードスリーヴが入っています。選手カードは不要カード入れがあるゲームセンターならただで手に入るのでそういう場合は500円のICカードと200円のカードスリーヴ(30枚入り)を購入しましょう。
さて、カードを用意したらゲーム機の表面(サッカーのフィールドがデザインされているやつです)に選手カードを配置し、ICカード挿入口にICカードを入れクレジットを投入するとゲーム開始です。
画面の指示通りに練習メニューと選手とのコミュニケーションを済ましているうちに試合開始です。試合は従来のサッカーゲームのように選手個々を細かいボタンで動かしたりする必要はありません。必要なのは5つの戦術ボタンと赤い「シュートボタン」青い「キーパーボタン」のみです。シュートボタンを押せば選手がシュートを打ち、キーパーボタンを押せばキーパーはボールに向かっていきます。実際の監督のように選手の配置を代えたり、選手交代をすることも必要です。
試合が終わればゲーム終了。それと同時にカードが一枚払い出されます。
まぁ実際のことは、ゲームセンターで確認するか、リンクに載っている公式HPを参考にしてください。

次にカードについてですが、カードは全て同じわけではありません。
まず一番多いのが「レギュラーカード」この中にはアッピア、ジラルディーノのような期待の若手から、ビアホフ、コンテのようなベテランまで含まれています。
次に「スペシャルカード」。これにはレギュラーカードの選手より知名度、人気が高い選手が含まれています。例を挙げるなら、トッティ、ヴィエリ、ネドヴェド、中田英などでしょうか。
そして一番価値があるのが「レアカード」。レアカードにも幾つかの種類があります。
まず「IT」「IS」。「IT」はブッフォン、F・インザーギ、マルディーニなど、02年日韓ワールドカップに出場したイタリア代表の選手が含まれています。「IS」は中村俊輔、アドリアーノ、スタム、ルイ・コスタなどイタリア以外の国籍を持つスター選手で構成されています。
次に「LE(レジェンド)」。これはかってセリエAに在籍し現在は他のリーグで奮闘する選手(02-03当時)で構成されています。代表的なのはジダン、アンリ、ラヴァネッリ、ファンデルサール(ユーベばっかだw)です。なんとあのキング・カズも!
最後に一番レアリティーが高いと思われるのが「ATLE(オールタイムレジェンド)」。かってセリエAに在籍し現在は引退している選手で構成されています。現在日本代表監督を務めているジーコ、鹿島監督のトニーニョ・セレーゾ、インテルミラノ監督のマンチーニ、ミランの象徴バレージなど往年の名選手が多く含まれています。

とまぁ長くなってしまいましたが、実際の魅力はやはりやってみないと分からないと思います。時間とお金に余裕があってサッカーやトレーディングカードが好きな人は是非やってみてください。
スポンサーサイト

WCCF | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<チーム紹介その1【リトル・ジーニアス】 | HOME | 始めまして>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。