ゆーあーまいさんしゃいん

ずっと 君を歌うよ おかしいくらい 忘れたくない ひとつひとつを

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

遅くなりましたが

フィオレンティーナ、マジョルカ、レッジーナと日本人が在籍するクラブが全て残留して良かったですね。特に大久保のマジョルカは6試合で勝ち点11差を埋めただけに…

というわけでフィオレンティーナ-ブレシアの簡単なレポートを

【セリエA第38節 フィオレンティーナ-ブレシア】

残留のためにはとにかく勝利しかないフィオレンティーナ。しかし相手もも勝利が必要なブレシア。マレスカのドリブルやディ・リーヴィオの右サイドからのオーバーラップがあったものの、パッツィーニやミッコリに良いボールが渡らない。しかし故障者続出のブレシアもミラネットのロングパス以外に攻撃の手段がない。ようやく均衡が破れたのは43分、ディ・ビアッジョからのパスを受けようとしたドミッツィとパッツィーニが交錯。この日を最後に定年を迎えるコッリーナ主審はPKスポットを指し示した。このPKをミッコリが豪快に決めて1-0フィオレンティーナ先制。
後半はフィオレンティーナが圧倒的に攻め続け、59分には右サイドからマレスカがドリブルで仕掛けシュート、こぼれ球を最後はヨルゲンセンがきっちり押し込んで2-0。そして66分、ヨルゲンセンのクロスを途中出場のリガノがヘディングシュート。一度はGKカステラッツィがセーブするものの、弾かれたボールを再び押し込んで3-0。ブレシア側はボールはゴールラインを割っていないと主張するが判定は覆らず。
そして終了間際途中交代でピッチを退くディ・リーヴィオを会場が盛大な拍手で迎え入れる。この試合を最後にピッチを退くことが濃厚なディ・リーヴィオ。背番号7のユニフォームをティフォージに指し示すとそのまま観客席に投げ入れプレゼント。
試合はそのまま3-0でフィオの勝利。パルマがレッチェと3-3で、ボローニャがサンプドリアと0-0で引き分けたため3チームが勝ち点42で並び、対戦成績で上回るフィオレンティーナが見事セリエA残留を果たした。

採点(フィオレンティーナのみ)
ルパテッリ6.5 この日は「当たり」。2本のファインセーブで勝利に貢献
ウィファルシ5.5 右サイドで奮闘。
ヴィアッリ5.5 少々集中力を欠いていた。
ダイネッリ5.5 危ないシーンを作られるもルパテッリに助けられた。
キエッリーニ5.5 攻め手のないチームで序盤に攻撃の起点となった。
マレスカ6.5 積極的に攻めあがる彼のプレースタイルが今日は当たった。見事なアシスト
ドナデル5.5 マレスカのカバーに奔走。
ディ・リーヴィオ7.5 精神的支柱としてチームを残留に導く。現役最後になるであろう試合で大仕事をした。
ヨルゲンセン7.0 1得点1アシストと結果を出す。
ミッコリ6.0 プレッシャーのかかる場面でPKを決めた。
パッツィーニ5.5 サポートがなく孤立。

リガノ6.0 幸運な面もあったが駄目押し点を挙げる。
オボードs.v
アリアッティs.v

MOM ディ・リーヴィオ

来期は上の順位にいけるよう、フォルツァ、ヴィオラ!
スポンサーサイト

FIORENTINA | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<選手補強のチャンス | HOME | CL決勝ミラン-リバプール>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。