ゆーあーまいさんしゃいん

ずっと 君を歌うよ おかしいくらい 忘れたくない ひとつひとつを

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

CL決勝ミラン-リバプール

りばぽ、優勝おめでとう!!!!1111
デュデクの踊り禿ワロスwwwwwwwww

え~っと真面目に考察します。
前半は開始早々にFKからマルディーニがボレーを決めて先制すると、ミランの素早いパスワークからクレスポの2ゴールでミランが3-0とほぼ試合を決めてしまったかのように思えました。
しかし策士ベニテス、さすがの選手交代で後半の流れを一気にリバプール側へ引き寄せてしまいました。まずはまったく機能していなかったキューウェルを下げベテランスミチェルを前半から投入。さらにハーフタイムには右サイドバックのフィナンを下げボランチにハマンを投入。ビデオを見ないと布陣は分かりませんがこれでミランの中盤に翻弄されるだけだったリバプールが息を吹き返します。ハマンのプレーにはカカーやピルロのような派手さはありませんが、確実に中盤でボールをつなげることでチームの潤滑油となっていました。シンプルにプレーすることが如何に重要かというお手本だと思います。
まずはジェラードのヘッドで1点を返すと、スミチェルのミドルでさらに1点差に追いすがり、ジェラードが倒して得たPKをシャビ・アロンソがキック、これをヂダが防ぐもののこぼれ球を再びシャビ・アロンソが押し込んで不可能と思われていた点差をひっくり返してしまいました。そのまま両者チャンスを決めることができず試合はPK戦へ。ここでリバプールのGKデュデクが不思議なステップでピルロ、シェフチェンコのPKをストップ。見事リバプールが21年ぶりの欧州王者に輝きました。

しかし栄冠を手に入れたとは言え、プレミアリーグで5位に甘んじたため来期のリバプールはチャンピオンズリーグに出場することがほぼ不可能です。このためジェラードら主力の去就も不透明。王者となった来期のリバプールは一体どんな戦いを見せるのでしょうか。


欧州チャンピオンズリーグ 決勝
ミラン2-2リバプール
PK 4-2

得点者
ミラン
マルディーニ(1)クレスポ(39、44)
リバプール
ジェラード(53)スミチェル(56)シャビ・アロンソ(59)

独断と偏見による個人的な採点

ミラン
ヂダ5.5 PK戦も含めてノーチャンス。
カフー5.5 攻め上がりは素晴らしかったが、いかんせん守備が軽すぎた。
ネスタ5.0 防げる失点はあった。
スタム5.0 高さ、強さは相変わらずだが、スピードを武器とする相手の対応に苦慮。
マルディーニ6.0 敗れたとはいえ、彼自身は及第点以上のプレー。先制点も決める。
ピルロ5.5 セットプレーからマルディーニのゴールをアシストしたが、好調時に比べると動きが重く感じた。
ガットゥーゾ5.5 前半はフィルター役として素晴らしいプレーをしていたが、徐々に失速。
セードルフ5.0 PSV戦、ユヴェントス戦、そしてこの決勝戦と精細を欠いた。
カカー6.5 3得点全てに絡む。
シェフチェンコ5.5 不運なゴール取り消しもあったが…。
クレスポ7.0 2得点を挙げる。インテル、チェルシー時代の不調から完全復活の感も。
セルジーニョ5.0 交代選手の役割をこなせず。PKも外してしまう。
トマソン5.5 よく動いたが決定機でミス。
ルイ・コスタs.v ボールを奪われカウンターからピンチを招いたプレー以外見所なし。
アンチェロッティ5.0 前半は的確な選手起用で結果を出すものの、後半以降後手に回った印象は否めない。

リバプール
デュデク7.0 前半は不安定なプレーだったが、後半、特にPK戦で素晴らしいパフォーマンスを披露。一時の酷評を自らのプレーで払拭した。
フィナン5.5 それほど悪いプレーではなかったが、戦術的理由のため?ハーフタイムでハマンと交代した。
ヒーピア6.5 前半集中力を欠き3失点を喫したが後半は落ち着いたプレーで最終ラインを統率。
キャラガー6.0 足を攣りながらも懸命にプレー。
トラオレ5.0 今日は軽率なミスが目立った。
シャビ・アロンソ6.5 同点ゴール以外にも巧みな配球や守備を見せた。
ルイス・ガルシア5.5 クレスポの決定的なヘディングシュートを防いだが攻撃面では低調。
ジェラード6.5 反撃の狼煙を上げるゴールとPK奪取。
リーセ6.5 左サイドから攻撃をしかけ常に相手の脅威となっていた。
キューウェル4.5 故障明けのためか低空飛行。前半での交代も仕方なし。
バロシュ5.5 精力的に動いたがゴールは奪えず。

スミチェル6.5 ハマン投入後は徐々に良さを発揮し見事なミドルシュートを決める。
ハマン8.0 彼の投入後チームは見違えるほど輝きを増した。
シセ5.5 途中出場もゴールは奪えず。
ベニテス8.0 まさに策士。3点差のビハインドをひっくり返す見事な采配でチームに21年振りのビッグイヤーをもたらす。

スポンサーサイト

海外サッカー | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<遅くなりましたが | HOME | U-20チリ戦>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

チャンピオンズリーグ決勝は激闘の末にリバ... …
2005-05-26 Thu 14:18 oneswide-eyes
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。